脇汗予防のために知っておくべきこと


夏場になると特に悩まされる脇汗は、洋服にシミが出来ますし、放置していると臭いで周囲の人に迷惑をかけてしまいます。
そんなことにならないよう、効果的な予防策をとることです。

 

ただし、予防策をとるために、知っておくべきこととして、制汗剤などを使うときには、それが自分の肌に合っているのかということを確認しておかなければいけません。

 

 

もし敏感肌の人が、刺激の強い制汗剤をつかうと、かぶれたりする恐れがあります。

 

それから、制汗剤には燃焼しやすい物質が入っています。外でバーベキューをするために、制汗剤を噴霧してコンロの側に近寄ってしまう、なんてことになれば制汗剤の成分が発火して大けがをするかもしれません。
気をつけることです。

 

それから汗を止めてしまうと、体温調整がしにくくなり、体には良くないことです。いつまでも残る汗ではなく、直ぐに蒸発をする汗にするためには、肉中心の食生活から切り替えて、海藻類を積極的に食べると、新陳代謝が活発に理想的な汗に変化します。

 

同時に、きゅうりなどの野菜などには体を冷やす作用があるので、一緒に食べると予防方法としては効果的です。

 

このような知識を蓄えてから予防をすれば、成功しやすくなります。

 

次のページはこちら